お客様の中には、「融資を受ける」ことに関して、「借金」という何か悪いイメージをもっている方もいらっしゃることと思います。
「融資」は、会社という大きな歯車を止めることなくスムーズに廻していくための潤滑剤とお考え下さい。せっかく到来した新規顧客獲得のチャンスに、予定している「設備投資」が資金不足で設備が整わないというのは、非常に残念なことです。
そんなお悩み解決の参考になればと、書きまとめました。

日本政策金融公庫と東京都行政書士会について

資金繰り表は予定表が大切

自己資金のほかに借入をしよう

売上予測の簡便な立て方

固定支出を極力少なく

経費を抑えるために予算を立てる

入金先と支払先との交渉をしておくこと

日々の会計資料等を保存すること